自分の父も、多くの人達に助けてもらいました。やっぱりお袋を亡くしてから、体力も知力も落ちていったかな。あっという間に認知症も進み、毎日、何が起こるかわからない状態でした。それと、自分も自分の子供の様に可愛いがってくれた叔母(お袋の妹)が今で言う知的障害者でよく一緒に親戚からも周りからもからかわれていました。

でも小さい時から叔母の事は大好きで、よく「おんぶ」してもらったり、幸せでしたね!!自分として、こんな体験をした事が今の事業に繋がっています!

人間は皆んな同じ、誰でも同じ、皆んな同じに幸せになって欲しい!これが一番です!!幸せを一緒に追っ掛けましょう!ずっとね!! 

               社会福祉法人ともにわ会 理事長 菅野 義矩

© 2017 by 社会福祉法人ともにわ会